緻密な診察と分析で、患者様のお口にピッタリ合う入れ歯作りを行っています

入れ歯も保険適応のものと、保険外のものがあります。

それぞれに特徴があり、費用、機能性などの面でも違いますから、ご相談の上よくご検討ください。

入れ歯の種類

総入れ歯

保険適応 総入れ歯 国民健康保険などの保険を使って総入れ歯(総義歯)を作る場合には、レジンという素材になります。総入れ歯は分厚くなりやすかったり、安定せずに違和感が強くなりやすかったりすることがありますが、料金が安い、修理がしやすいといったメリットもあります。
保険外 金属床 義歯床の部分が金属でできている入れ歯です。金属床は床部分を薄い金属で製作しています。金属は熱伝導率が高いため、食べ物や飲み物を口の中に入れたときに温度が伝わりやすく、おいしく食事をすることができます。またレジン床義歯よりも丈夫です。

部分入れ歯

保険適応 部分入れ歯 保険の部分入れ歯では、入れ歯を支えるために、「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛ける必要があります。そのため見た目が悪くなってしまいますが、安価で利用できます。
保険外 ノンクラスプ 従来の部分入れ歯に使われていた金属のクラスプが無く、レジン製の義歯床で義歯を支えます。新素材の樹脂を使う事で超弾性が得られ薄く軽く作成できるため今までのような装着時の違和感もなく見た目にも綺麗です。

入れ歯ができるまで

  • 型をとる
  • 咬み合わせを見る
  • 仮の歯を並べて確認
  • 完成!
  • 調整
  • メンテナンス
見た目と機能性にこだわる方へ 自費料金表
事前問診票ダウンロード
子供用ダウンロード
大人用ダウンロード
このページの上部へ