親知らずは口腔外科にも力を入れている当院にお任せ下さい。

親知らずとは、前から数えて8番目の歯です。
20歳前後に生えてくるもので、生えてくる場合と生えてこない場合があります。親知らずが手前の歯と同じように生えてきて、歯磨きも普通にできるような場合は特に抜く必要はありませんが、悪い影響がありそうな場合は早めに抜いておきましょう。

親知らずの抜歯は口腔外科の分野に入り、歯科医師のテクニックも重要になります。当院は口腔外科にも力を入れておりますので安心してお任せください。

親知らずのQ&Aはこちら

抜いたほうがいい親知らず

  • 歯磨きがしにくい。
  • 中途半端に一部だけ出てきている。
  • 横向きに生えてきている。
  • 歯並びを悪くする恐れがある。
  • その他レントゲン写真上、問題がある場合。

親知らずを放置していると・・・

  • 歯が磨きにくく、虫歯や歯周病になりやすい。
  • ある日突然痛み出すことがある。
  • 親知らずに押されて他の歯が動いてしまう。
  • 口臭の原因になる。 など・・・

違和感も自覚症状もない場合、ついつい放置してしまいがちなのが親知らずです。

ですが、海外の留学先で痛くなり言葉もまだ通じなくて大変だった学生さん、妊娠中に腫れて痛かった妊婦さん、せっかくの新婚旅行なのにずっと痛みで楽しめなかった新婚さん、歯が痛くなってもしばらく海の上にいなくてはならなかった漁師さん、壮絶な痛みと戦った経験談を聞くと、本当に早めに抜いておくべきだと思います。気になっている方は受診にいらしてください。

見た目と機能性にこだわる方へ 自費料金表
事前問診票ダウンロード
子供用ダウンロード
大人用ダウンロード
このページの上部へ